FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりに見たいドラマがあったので、わざわざ(面倒くさがり)録画して見ました。松本清張の「点と線」です。
たけしが主演とあったので、普段なら絶対見ない(たけしは嫌いではないですが俳優としては・・なので)のですが、松本清張の作品の中では「砂の器」の次に印象深い作品なので、見てみました。

朝日放送の何周年記念番組とかで出演陣が素晴らしい。ちょい役でこんんな人が・・。みたいな人たちが出ていてもちろん皆芸達者なので場が引き締まります。脚本もこなれていて、トリック自体は現代ならすぐにわかるものなのですが、原作にはない主人公の娘と主人公と共に犯人のトリックを捜した若手刑事の50年後の邂逅を時々入れることによって、「これは昔の話なんだ」ということがわかるようになっていました。
主人公のたけしは・・。まあ、素人ですね。定年間際のくたびれた雰囲気はよくでていましたが、活舌が悪いので聞き取りにくい。
意外と健闘していたのが高橋克典。初めてちゃんとこの人のドラマをみましたが悪くありませんでした。
後ちょっと気になったのが、柳葉敏郎。割といい演技しはるようになったなーと全体的に好意的には見ていますが、「商会」の社長なのに、あの日に焼けた顔はちょっと違和感アリアリ。ゴルフやけですか?それならわかるけど、あの当時、ゴルフあったのかな・・?
あと改めておお!と思ったのは、その柳葉敏郎「安田」の妻役の夏川結衣。この人演技うまい。儚げな役と嫉妬を顔に出したときの般若の顔の豹変振りが見事。それと最後、たけしと対峙するシーンがありますがそのときも動揺しているところ、顔つき、すべてにおいてすごかった。
以前、「結婚できない男」のドラマでこの人を始めてみて演技上手とは思っていましたが、この情念のある役もなかなかのもの。
これから楽しみな女優さんに出会えてラッキーな番組でした。
あ、「家政婦は見た!」の女優さんも良かった~。特別出演でしたけど、深い印象を残しました。
Secret

TrackBackURL
→http://kazenoiroshiki.blog76.fc2.com/tb.php/238-9d7f0d94
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。