---- 今日の風は何色?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また明日香へ行ってきました~。
今度はA女史と一緒です♪朝から晴れていたので、明日香へは橿原神宮からレンタサイクルでお寺や
遺跡もみたらいいな~、とか、万葉文化館は飛鳥寺がすぐなので、久しぶりにみよっかと
楽しみにしておりました。
ところが・・・。だんだん雲行きが怪しくなり・・!
やはり、雨ーーーー!!

もう、巫女になれるよ!私の前世はアメフラシ、かも・・。

仕方ないので行きはタクりました・・。(バスもいい時間にないのよ・・)

そんな気合で来たのですが、今日の講座は「日本古代の死と歌ー大御葬歌(おおみはふりのうた)を考えるー」
小倉久美子氏でした。

万葉集の挽歌や死生観に興味があったので、どんな内容かとわくわくしていたのですが・・・。

うーーん、かなり、酷かった、です。無料でしたが、時間の無駄に近かった・・。

フォローしておくと、彼女は就職二年目の若手技師で、このような講座の講義は初めてだったとのこと。(かなり言っていましたが、言わなくても十分!わかります。)
そして、真面目に取り組んで頑張っている気合は、感じられました。
そしてもう一つ、これは彼女だけのせいではなく、上の人の指導不足!!
彼女にとっては、あまりにハードルの高いテーマを与えすぎ。これではこんな内容になる、と
思います。人手不足はわかりますが、誰も協力しなかったの?てなもんです。ある意味かなり可哀相でした。

発表内容は、古事記景行天皇の所で、つまり倭健命の死の場面です。その中の四つの歌を命の妃や子が歌う場面があるのですが、その歌が「今に至るまで其の歌は、天皇の大御葬に歌ふぞ。」という文があり、その「大御葬」は本当に今(=天武天皇)まで歌われているのかどうか、という内容でした。
そして結論は、「違うだろう」ということ。
 ・日本書紀には出ていない。
 ・平安時代の歌集内でも詞書が違うと、同じ内容の歌でも違う内容ととれる場合があった
  つまり、詞書を白鳥を追いかける妃子が途中でもがいて(田んぼや海で)いるさまを書いているから、死を嘆いているように見せているけれど、歌自身に死の事は載っていないから倭健命の死の歌である可能性はないのではないか。

と言われていました。うーん。「違うと思う」と言い切るには、資料が少なすぎ。データが平安時代の歌集のみで、いくら倭健命時代は古事記以外の資料が少ないので、と言うには論拠が弱すぎます。
例えば比べるにしても他の天皇の葬送場面を並べてみて・・とか、または他の説を説明した上で「自分は違うと思う」というなら理解できるのですが・・。これはゼミ発表レベル。残念ながら未完成もいいところで、説としても成り立つには未熟すぎました。

そこから話は布の話になります。(もう前半のネタがないようでしたので)
倭健命の墓を見ると衣だけ残っていて、遺体は消えていた、との記述から、この頃は「見にまとう布」があった事は確実だが、ただどんな布かは考古学的には殆ど(衣は大体朽ちますから)ないので、調査で調べた九州の古墳の銅鏡に付着していた布の話になりました。(ご本人もかなりこじつけ、と言っていましたが・・。)
発掘当時、技術がまだ今ほど進んでいなかったので、布が鏡に付着していたのはわかっていたけれど「麻布」らしいと報告書であったが、これは「葛布」の可能性が高い、と(ファイバースコープで繊維を確認)の事でした。
技師さんなので、その辺は専門なので嬉々として話してはったのはいいのですが・・。残念ながら、布をかじって居ると知っている知識、でした・・。この間行ってきた民俗学博物館も世界の染色・織物の特別展示をやっていて、それも見ていたのですが、こちらと比べるのは酷ではありますが、やはり素人の域をでていないと言わざるをえませんでした。「学術的報告」ではなく、「体験記」になっている、といえばわかりやすいかも・・。

もう一度フォローしておくと、発表の仕方を教えてあげると、もう少しまとまった「報告」のレベルにはなると思います。ゼミ発表レベルなら、悪くないです、頑張っています。

余計なおせっかいながら、古事記をこじつけた話にするなら、最初から「衣」をテーマに考古学的報告をするほうが彼女にはあって居たのでは?と思います。倭健命の墓に布だけ→聖徳太子の話との共通性、葛城の「葛」の事、そして調査の話とか・・。古事記はとっかかりだけになるけれど、これはこれで広がりがあって一つの「布」というテーマが中心になるので、まとまりがついたのでは・・。

私は「古代の死と歌」のテーマを聞きたかったので、布の話は不要でした。(布の話は悪くはないですよ。布好きなので・・。余談である分にはOKです。)また、脱線したとしても学術的に面白いものであれば、それはそれで楽しめたと思います。・・ですが、それ以前の問題でした。
A女史にも申し訳なかったです~(><)→誘ったの私なので。

そして最初に戻りますが、彼女だけが悪くないです。初めてなのに頑張って、落ち着こうとしてしゃべっていましたから。努力しておられたのは良くわかります。ただ、あまりに経験不足と他の人のフォローがなっていないです。・・事前練習とかなかったのだろうか・・。あれでOKだしていたのなら、それはそれで驚きかも・・。

普段あまり批判めいたことは書かないのですが、あまりに「びっくりした」ので、書かずにはいられませんでした・・。はあ~。

【2012/12/09 21:43】 | Diary
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。