---- 今日の風は何色?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年も明けました。
本年も宜しくお願い致します。

20130101.jpg今年は親戚宅へ。
ここ数年買った御節だったのですが、今年は手作り!
大変ですがやっぱり、美味しかったです~~♪♪
私は姪っ子と花形人参作りだけ参加でしたが、そんなのも普段は
なかなかしないので楽しかった(^-^)
初詣は明日香の「飛鳥坐神社」へ。
日本最大規模の奇祭の一つ、おんだ祭の処です。
2月の節分に行われる時は、人でいっぱいですが、普段は静かないい神社です。
祭神は、
事代主神
飛鳥神奈備三日女神
大物主神
高皇産霊神

飛鳥神奈備三日女神は恐らく、飛鳥そのもの一帯の地の神様、
事代主神、大物主神は大国主系かと。
高皇産霊神はちょっとわかりにくいけれど、藤原氏と由緒ありげ・・(鎌足の母の大伴夫人の墓も近いし)
どちらにせよ、かなり古い由緒ある神社です。

ちなみにおんだ祭は、中世田楽からきているので、古代飛鳥時代の祭りではありません。でも、田楽の怪しい”咲い(わらい)”は、本当に面白いです。(まあ中世でも古いですよ!)

20130103.jpg3日は、下鴨神社へ。
こちらはやはり大きい神社なので、人もお参りのためにたくさん並んでいました。
本名は、賀茂御祖神社。
祭神は、
玉依姫命 (たまよりひめのみこと) - 賀茂別雷命(上賀茂神社の祭神)の母
賀茂建角身命 (かもたけつぬみのみこと) - 玉依姫命の父
です。
これと親戚の上賀茂さんもあり、こちらは、本名は、賀茂別雷神社
祭神は、賀茂別雷命 です。

つまり、賀茂氏そのものの神様が、上賀茂さんで、そのお母さんとお爺さんが祭られているので、下鴨さんです。
お参りを済ませ、子ども達の喜ぶ「申餅」を食べました!
あずきの煮汁で練ったおもちは「はねず色」で、中には小豆が。(餡ではありません)優しい甘さでとても上品な味。木の折(おり)は葵盆と言われているそうで、折敷(おしき)という杉のお皿の上に紙を敷いて、餅を載せて供されます。お茶には、下鴨のマーク、フタバアオイが。
お正月らしい・・と思ったのですが、ここのお茶屋さんではいつもこれで供するそう。風情がありますね。
「はねず色」とは「朱華色」と書き、高貴な色でありました。そして夜明けの目出度いイメージ。
この申餅は、葵祭の時に「無病息災=去る」で食べていたそうです。小豆も鬼を退散しますし、いいこと尽くめ。
今年はどんな年だろう・・。色々ありそうですが、頑張っていきたいです。


と、いう訳で(どんな訳?(笑))
今年もひっそりとブログは続けていきますので、こっそり(泥棒か?)よろしくお願いします(笑)


【2013/01/03 17:09】 | Diary
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。