---- 今日の風は何色?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お料理の本は、大好きです。
写真を見て、「おおー!!」と思ったら、作りたくなります。(ビジュアル派)
だから写真がある料理本が好きです。
本当に作る用も兼ねているのもありますが、「見て楽しむ」料理本という趣味の領域の本も多々あります。

いままではどちらかというと、精進料理とか外国語のだけど写真が綺麗な料理本とかでした。
でも最近は、写真に陰影のある料理本が気に入ってます。





 出版社は違いますが、
 同じ著者のです。写真が綺麗で特にスパイスの方は
 暗い写真なのに、オシャレ
 ちなみに完全ビーガン・ベジタリアン料理です。

 "MODOKI"の卵そぼろ(MODOKI)は、子供の給食で
 文字通り”もどき”で作ったのですが、本物みたいで
 しかもそれっぽい味でおどろきでした。




 初めて開けた時、料理本の「陰影礼賛」ってあるんだ・・。"
 と、思いました。
 料理本ですが、料理本らしくないgastronomie な料理本です。
 写真集、という感じ。

 でも、とても美味。
 果物を料理に使う本は少ないのもあって、
 重宝しています。




 買いたてほやほや。
 これも趣味的な本ですが、
 色々挑戦してみる予定。
 意外ですが、あまり奇をてらった
 内容でないのが好印象。



きちんとした料理本もないこともないですが、ほとんどが「しばらくしたら絶版やろ~」というような
本ばかり(笑)です。
上にあげた本も好きな人は好きですが、万人受けしないだろうし。
お料理・薬膳・世界の食文化と料理が好きなので、マニアックな世界のが好きなんですね、結局は。



【2015/09/18 21:29】 | Books
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。