---- 今日の風は何色?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡アクロスへ、Guarneri Trio Prague (プラハ・グァルネリ・トリオ)のコンサートへ行きました。
室内楽アンサンブルを聴くのは初めてなのと、ストラディバリウスと同じくらい有名な"Guarrneri "(グァルネリ)のバイオリンを
使っての演奏(だから”グァルネリ・トリオ”なんですが・・)がとても楽しみ^^でした。

ヴァイオリン:チェネック・パブリーク
チェロ:マレク・イエリ
ピアノ:イヴァン・クラーンスキー

ヴァイオリンは、グァルネリ・デル・ジェスの1735年製「ジンバリスト」
チェロは、アンドレア・グァルネリ1684年製

ピアノの方はとても大きく(横も縦も!)、グランドピアノに向かって遊んでいるように見えました(笑)。
が、、、とてもきれいな旋律!テクニックも相当だと思うのに気負った感じがないので凄い!と思いました。
(上手なのに、うまそうに弾かないところがいい)
バイオリンも良く動くなあ~と(笑)思いました。どちらも楽しそう。グァルネリの音色は素人なのでよくわかりませんが、
強いて言えば、深みのある音色、と思いました。
チェロはお行儀よく(笑)弾いていましたが、アンコール時は曲を日本語で紹介してくれました。
ハイドン、ベートーヴェン、ドヴォルザークの順でした。
意外に良かったのはハイドン。ふんわりまとめて楽しい曲。
反対に期待したベートーヴェンは第3楽章は良かったですが、やっぱりオーケストラで聴きたいな・・という印象でした。
ドヴォルザークは流石にすごく良かった!一つ一つの曲調が面白く、聴いていて楽しい。
有名どころしか聴いたことがなかったのですが、他のも聴きたくなります。
去年はショスタコーヴィチもいいやん!と思った(笑)ので、今までは古楽ばかりでしたが、この辺の時代ももっと聴きたくなりました。
第3楽章の旋律は映画音楽でも使われたような・・。誰か知っていたら教えて下さいM(__)M


Franz Joseph Haydn ハイドン
ピアノ三重奏曲第25番 ト長調Hob.CV:25「ジプシー・ロンド」
Piano Trio No.25 in G Major Hob.XV:25 "Gypsy Rondo"
I. Andante
II. Poco adagio
III. Rondo all'Ongarese: Presto

Ludwig van Beethoven ベートーヴェン
ピアノ三重奏曲第7番 変ロ長調op.97「大公」
Piano Trio No.7 in B-flat Major op.97 "Archduke"
I. Allegro moderato
II. Allegro
III. Andante canabile ma pero con moto
IV. Allegro moderato - Presto

antonin Dvorak ドヴォルザーク
ピアノ三重奏曲第4番 ホ短調op.90「ドゥムキー」
Piano Trio No.4 in E Minor op.90 "Dumky"
I. Lento maestoso - Allegro vivace, quasi doppio movimento
II. Poco adagio - Vivace non troppo
III. Andante - Viace non troppo
IV. Andante moderato - Allegretto scherzando
V. Allegro
VI. Lento maestoso - Vivace

アンコール曲です。2曲も演奏してくれました^^
20170614.jpg

FC2blog テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【2017/06/17 11:49】 | Music
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。