---- 今日の風は何色?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



久しぶりにいい本との出会いがあった、と思ったのですが・・・
新刊ではありませんでした(><)

頭が古いのか、なかなか新しい作家の本に手がでないです。
今回のもそう。
ユルスナール。名前は、須賀敦子さんの「ユルスナールの靴 (河出文庫)」で知っていたけれど、読むのは初めて。
短編なら・・と手に取ってみました。
不思議な世界、豊富な歴史や文学の知識がないと書けません。
また、翻訳の美しさにも久々に魅了されました。言葉がきらきらと輝いていて
新たな日本の文学にも思えます。
原文でも良いでしょうが、日本語の美しさと奥深さも素晴らしいです。
短編なので、初めてのユルスナールには良いです。
源氏物語についての物語もあり、日本人の私にはそこも興味深いものでした。


【2017/12/29 19:29】 | Books
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。