---- 今日の風は何色?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎年年末年始は関西へ帰るので、何らかの本を買って新幹線で
読むのを楽しみにしています。
(・・しかし、諸事情で福岡で年越しすることに・・・。まあごろごろしながら読んでいましたが。)

今年は、以前から気になっていた「プラグマティズム入門講義」にしました。
プラグマティズムを提唱したジェイムズと、デューイの著作の精読でもあります。
デューイは、教職をとる人は必須の人なので、昔読んだことはありましたが、
ジェイムズは未読でした。哲学書なので、敬遠していたのもあります。
でもカントやショーペンハウエルの著作(とはいっても全て読んだわけではなく、
比較的とっつきやすい永遠平和のために/啓蒙とは何か 他3編 (光文社古典新訳文庫)、とか永遠平和のために/啓蒙とは何か 他3編 (光文社古典新訳文庫)、等です)が面白かったので
こちらでじっくり読み込もうとしています。
ハンナ・アーレント「人間の条件」入門講義も最初挑戦しようと思ったのですが、別の著作
責任と判断 (ちくま学芸文庫)が難しすぎて・・・(><)
(でも、読み応えのある著作ではあります。自分の勉強不足のせいでわからないことも多いけれど、読んでよかったです)
何とか読みましたが、人間の条件はアーレントの大作なので、私のアタマでは厳しいかもと思って、立ち読みでとっつきやすかったプラグマティズムの方にしました。
アーレントより少し前の方だから、基礎もぐらぐらの私にはちょうど良いようにもおもいました。

が・・・。
 やっぱ、難しいっす(苦笑)

でもですね、「考えること」の大切さをこの歳になって改めて確認できたのは大きな収穫でした。
ここ最近、「何考えているの?」と思うような出来事にあうことも増えてきたので、これらの本を読むことは
自分にとって良いような気がしています。


【2018/01/08 21:45】 | Books
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。